13.6.26より写真コラム内検索が出来るようになりました☆

メールマガジン内検索:

Loading

Web写真教室 カテゴリー別


写真コラム11

元気に毎日更新しております☆

 

みなさまこんばんは☆MPMのたけだです!

本日は曇り空の少し蒸し暑い一日でしたが、みなさまはいかがお過ごしだったでしょうか??

MPMは朝日新聞の情報誌【Hotori】の取材撮影でした☆

 

さてさて、本日は前回のブログの続き、

【MPM/京都/滋賀/写真教室_初級004_今買い!のフルサイズデイジイチ】です!

 

※【MPM/京都/滋賀/写真教室_初級001】はコチラをクリック

※【MPM/京都/滋賀/写真教室_初級002】はコチラをクリック

※【MPM/京都/滋賀/写真教室_初級003】はコチラをクリック

 

前回のブログでは

フルサイズのデジタル一眼レフカメラをお勧めしていましたが、

さて、本日は実際のところどの機種がオススメか?買いなのか?をご紹介します☆

 

まず、フルサイズのデジタル一眼レフカメラは高額なので、

新品で買うか?

中古で買うか?

の二つの選択肢が考えられます!

 

中古のカメラは不安…

ヤフオク等で買ったことが無い…

という方は新品で買うことをオススメし、

 

いいものをリーズナブルに☆

ヤフオク等は慣れている!

という方には中古もアリです!

 

 ==================================

 

では、

新品で購入予定のみなさまには

○Nikon D600(価格:14〜15万円)

○Canon EOS6D(価格14〜15万円)

 

中古で購入予定のみなさまには

○Nikon D700(中古市場価格:約11〜13万円)

○Canon EOS5D Mark2(中古市場価格:約13〜14万円)

※価格は2013年10月8日現在の中古市場価格

 

 ==================================

 

がフルサイズのデジタル一眼レフカメラでオススメのカメラです!

 

少し、解説を加えると

Nikon D600、Canon EOS6Dは共に

Nikon D700、Canon EOS5DMark2よりも新しく発売された機種ですが、

Nikon D700、Canon EOS5DMark2よりも少し素材感や機能が劣る、廉価版(or普及版)といったところです。

(iPhone5s=Nikon D700、Canon EOS5DMark2とすると、iPhone5c= Nikon D600、Canon EOS6D)

 

ただ、廉価版(or 普及版)と言えど、フルサイズのデジタル一眼レフカメラ!

しかも、価格も中古カメラよりも少し高いぐらいなので、

本当の買い!のカメラは!

 

○Nikon D600(価格:14〜15万円)

○Canon EOS6D(価格14〜15万円)

 

かもしれませんね◎

と、今日は少しコアな内容になりましたが、

次回はカメラを購入後の実践的な内容をご紹介したいと思いますので、お楽しみにしていて下さい☆

 

それでは、また次回☆

 


写真コラム10

元気に毎日更新しております。

みなさまこんばんはMPMのたけだです。

 

本日も蒸し暑い一日で、最高気温が33℃となりましたが、

皆様はいかがお過ごしだったでしょうか??

MPMは本日、アルバム作成や写真のraw現像など

事務所での作業を勤しんでおりました。

 

さてさて、本日は【写真コラム10】

【LightroomとPhotoshopの違い】です!

 

これまでの記事でもLightroomの機能や凄さをお伝えしてきておりましたが、

もう一度下写真をご覧になってもらって復習すると、

Lightroomの機能
Lightroomの機能

上の二枚の写真のように、写真をより一層魅力的にするのが

Lightroomの役割でした。

 

僕は、この事をブログ等でもよく述べているので、

みなさんもLightroomの機能の事はご存知かとは思いますが、

Photshopはどういう時に使うソフトなのか?と疑問を持たれる方が

ワークショップ等でも多いように思われます。

 

そこで、今日は実際に写真を使ってPhotoshopの機能とその凄さを実証します!

それでは…

下写真は先日撮影させて頂いたマタニティフォト写真の一枚ですが、

よく見ると…

旦那様の袖がめくれてしまっています><

折角の写真が…orz

ですよね。

 

こんなときLightroomではどうしようも出来ないのですが、

Photoshopではこんな時も心配ありません!

ブラシを使ってちょいのちょい!

とすると…

※下写真参照

加工前
加工前
加工後
加工後
完成
完成

少し時間はかかりますが、修正出来ちゃいます><

 

と言う事で本日の記事をまとめると

 

【まとめ】

Lightroom:写真をより一層魅力的に加工するソフト

Photoshop:高度、特殊な修正や加工が出来るソフト

 

ということになります☆

本日もありがとうございます☆

それではまた次回の写真コラムで!


写真コラム9

元気に毎日更新しております☆

みなさまこんばんはMPMのたけだです。

 

本日も最高気温36℃!暑い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?MPMは本日はゆっくりと事務所での事務作業の一日となりました☆

 

さてさて、本日は明日大注目の【ペルセウス流星群】についてです!

色々な情報によると、明日(12日)の深夜〜明後日(13日)の明け方に、ペルセウス流星群の活動が活発になるようですが、皆様明日の撮影の準備は整われているでしょうか??

 

本日のブログ(写真コラム)では、明日の撮影に向けて、

流星群撮影を成功させる五箇条をお教え致します!

それでは早速ですが、順番に

 

その①星空の撮影は広角レンズが必要!

 (出来れば8mm、無くても16mmレンズは欲しいところ)

:ぼくは24mmのレンズで撮影しておりましたが、24mmではなかなか流れ星を写しとれません!

 

その②夜の撮影になる為、レンズが曇ります!

レンズが曇らないよう、レンズに曇り止めのスプレーをしておく必要があります!

:ぼくは曇り止めをしていなかったため、何度もレンズを拭きながら撮影しておりました!

 

その③空だけを写しても、殺風景なので

【星空+オブジェクト】を入れて撮った方が、夜空の壮大さが伝わります!

:上の写真では星空+山+湖

 

その④流れ星はいつ落ちるか分からないので、

スローシャッタ、レリーズロックで連続撮影すること

 

その⑤振動でカメラが動かないよう丈夫な三脚が必要!

 

あとは、運と忍耐があれば必ず流れ星を撮れるはず!

明日僕は某所に撮影に行きますが、楽しみです!

良いのが撮れると願い、撮れたらまたアップしますね☆

 

本日も購読本当にありがとうございます☆

それではまた明日〜☆


写真コラム8

元気に毎日更新しております☆

みなさんこんばんは☆MPMのたけだです!

 

本日は35℃と昨日よりも更に1℃暑くなりました!

みなさまはいかがお過ごしだったでしょうか??

MPMはブライダル写真の撮影でした☆

 

さてさて、今が旬本日はオススメ撮影スポットのご紹介です!

本日オススメする撮影スポットはココ↓(下写真参照)

昨日、ロケ撮影のロケハンで訪れた場所ですが、

一面に広がる蓮!蓮!蓮!

ここまで蓮が広がっている所も日本でも珍しのでは??

この一面の蓮の群生地を見れるのは…

 

滋賀県【草津市立 水生植物公園みずの森】

【草津市立 水生植物公園みずの森】の詳細はコチラへ

 

です。

 

【アクセス】

電車とバスで行く場合:

JR草津駅西口より近江鉄道バス【琵琶湖博物館】行き乗車、『みずの森』下車(25分)

 

車で行く場合:

下地図参照(住所:滋賀県草津市下物町1091番地)

無料駐車場有り

昨日ぼくはロケハンでしたので、お昼に訪れましたが、

蓮の美しい花を写すには

 

朝8時〜9時の間に行くのがベスト!

ベストシーズン:7月下旬〜8月上旬まで

 

みなさまも是非一度行ってみてはいかがでしょうか??

かなりオススメの撮影地です!

 

それではまた次回のコラムで☆


写真コラム7

元気に毎日更新しております。

 

みなさんこんばんはMPMのたけだです。

本日は最高気温33℃とここ数日間はまだ過ごしやすい日々が続いておりますが、

みなさまはいかがお過ごしでしょうか??

MPMは休み明けで、事務所に籠もりRaw現像の一日でした☆

 

さて本日は写真教室【基本のルールは時には破るもの!】です!

 

これまでもブログでは料理写真について色々な記事を書いてきましたが、

今日は型破りな記事ですwww

 

料理写真といえば、

 

①まず、いい光を探す

②その光の場所に料理を移動する

③そして撮影する

 

の手順を何度かブログにて書いてきましたが、

この①,②のいい光の位置とは、基本的には下図のように後ろ斜め45度です。

(※たいていの上手に撮れている料理写真を見ると、手前から光を当てるのではなく、後ろ斜め45度から当たっているのが分かる)

ただ、この基本に忠実に撮影して完成した写真が下写真です。

写真としては安定しているかもしれませんが、美味しそうには見えませんよね??

 

こんなときは、『料理写真はこうと撮る!』と決めつけず、

料理が美味しそうに見える光の当て方をしましょう!

 

今回は、上の写真を見て、

 

どうして美味しくなさそうなのか??

あんこが黒くつぶれている

あんこに光が当たるように撮る

 

と考え、お皿をまわして光が真横から当たる位置を変えてみました!(下写真)

するとどうですか!

先ほどと比べて、美味しそうに撮れたでしょ??

あんこが生き生きしていますねwww

 

今までのブログでも何度も書いていますが、

○同じ被写体

○同じ環境

○同じカメラ

でも、光の当て方を変えるだけで、写真がこんなにも変わるんです!

 

本当に簡単なコトなので、みなさまも

これからは、美味しそうに撮れない場合は、

光の当たる位置を試行錯誤してみてはいかがでしょうか??

本日もご購読誠にありがとうございます。

 

それでは次回のコラムにて☆


写真コラム6

みなさんこんばんは☆MPMのたけだです!

 

本日京都滋賀はゲリラ豪雨の一日でしたがみなさまはいかがお過ごしだったでしょうか??

MPMは昨日に引き続き、マタニティフォト、家族写真のスタジオ撮影をしておりました☆

 

さてさて、本日は写真教室【雷の撮り方】です!

本日はゲリラ豪雨や稲光が見えたりの一日でしたが、

雷を写真に撮ることに興味が湧きませんでしたでしょうか??

 

雷の撮影は非常に危険ですので、

安全な場所で、カメラ設置して遠隔操作する必要がありますが、

自然の美しさを写真におさめたいとみなさんも思ったことがあるともいます。

 

しかし、雷は光ですので、撮ろうと思ってシャッターをきっても、

手遅れで何も写りません。

それでは、どうやって撮るのか??

 

それは…

長時間露光を利用して、雷が光る瞬間にシャッターが空いているように設定します!

それでは手順を

 

1.安全な場所(マンションのベランダ等)でカメラを三脚にセット!

※三脚にセットするのが重要

 

2.カメラの設定は

ISO:100〜200(外の明るさによって変更して下さい)

絞り:F8

シャッタースピード:30秒

 

3.雷が光ることを祈り、シャッターをボタンを押し、

安全な場所で30秒間待機!

 

4.3の繰り返し

 

すると、運が良ければ雷が写ります!!!

下写真のように

ただ、この方法でも運が悪いとシャッターを空けている時には

光らず、またカメラを設定している時に光ったりして、

タイミングを逃すことは多々あります。

ここで、上の撮影方法を書いて終わるのは普通のブログ。

 

しかし、MPM写真コラムでは

本気で雷写真を撮りたいみなさまへ、

素晴らしい情報をお教えします!!!

 

それは【ライティングトリガー】!

 

※ライティングトリガーとは?

カメラに取り付けるシャッターレリーズのようなもので、カメラにライティングトリガーを接続しておくと、雷が光った瞬間にシャッターが自動的に切れる特殊なカメラ機材です!

 

少し高価な機材ですが、雷撮影を失敗したくない方にはオススメの機材です!

詳しくは下記URLをご覧ください↓↓↓↓↓

http://lightningtrigger.com/indexLT3.html

 

でも雷撮影は本当に危険なので、

安全な場所で撮影して下さいね☆

 

それではまた次のコラムで☆


写真コラム5

みなさんこんにちはMPMのたけだです。

本日はまた雨降り><早く梅雨明けしてほしいものですが、

みなさまはいかがお過ごしだったでしょうか??

 

さてさて、写真教室【カメラを撮ってあげる場合、『いい感じに撮って下さい!』ってよく言われるけど…どないしたらええねん…】です!

 

と、少し長過ぎるタイトルですが…

みなさまも上のような経験ございませんか??

 

観光地などに行った時に、友達や家族にカメラを渡されて、

『いい感じに撮ってや!』って言われたこと。

たぶん読者のほとんどの方が経験済みでしょう。

 

でも、こんなことを言われると、たいていカメラを渡された本人は

○こんなカメラでいい感じで撮れるのか…

○被写体が素人ならいい感じで撮るにも限界がある…

なんて思っているのではないでしょうか?

 

でもでも、そんなに不安に思わないで下さい!

どんなカメラでも、被写体が素人でもあることを考えて撮れば

絶対に平均点、いや高得点の写真が撮れます!

 

その方法とは!?

それは本当に簡単。簡単。

背景をよく選んで撮る!

ただ、これだけなんです!

 

ホント!?と思われる方下の二枚の写真を見比べて下さい!

駐車場でパシャリ
駐車場でパシャリ
素敵な壁の前でパシャリ
素敵な壁の前でパシャリ

同じ被写体

同じカメラ(この時はiPhone)

で撮影しても、背景が違うだけで、こんなにも写真の雰囲気が違います!

そして、明らかに下の写真の方がいい雰囲気です!

 

でしょ??

だから、カメラを渡されて『いい感じに撮ってや!』と言われても

これからは動じず、

 

まーず、背景の美し、いい感じの場所を探し

そこに被写体に移動してもらい

シャッターを切る

 

この手順を守れば、貴方はきっとスターでしょう☆

ぜひお試しあれ☆

 

それではまた次回☆


写真コラム4

みなさんこんばんは。MPMのたけだです!

本日は曇りの一日ですね。明日は雨が降りそうですが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか??

 

MPMでは本日、おばあさん(ほったさん)は撮影におじいさん(たけだ)は風邪ひきのため事務所にて安静にしておりました。

季節外れの風邪ひきはなかなか体にこたえます><

 

さてさて、今日は写真教室【ノイズ軽減テスト】です!

 

先日の写真教室にご参加のみなさまには少しお話ししましたが、

近頃の画像処理は優れており、

高感度で撮影したノイジーな画像もアドビライトルーム等を使えば、

完全に滑らかな写真になるとお話ししておりましたが、

本当なのかを実際に撮影して実験してみました!

 

まず、下の写真をご覧ください!パソコンの場合はクリックすると拡大します!

下の写真はcanon5dmk2という機種でISO6400で撮影した画像です。

画像中央より少し右上の壁を見ると、かなりノイジーなのが分かりますね><

ISO6400 ノイズ軽減処理前(◆PCのみクリックすると拡大します)
ISO6400 ノイズ軽減処理前(◆PCのみクリックすると拡大します)
ISO6400 ノイズ軽減処理前(◆PCのみクリックすると拡大します)
ISO6400 ノイズ軽減処理前(◆PCのみクリックすると拡大します)

この画像をアドビライトルームを使って、

【ノイズ軽減】処理を行ってみると…

下写真をご覧下さい!

ISO6400 ノイズ軽減処理後(◆PCのみクリックすると拡大します)
ISO6400 ノイズ軽減処理後(◆PCのみクリックすると拡大します)
ISO6400 ノイズ軽減処理後(◆PCのみクリックすると拡大します)
ISO6400 ノイズ軽減処理後(◆PCのみクリックすると拡大します)

かなりノイズが取れて滑らかな画像になりましたね!

本当に驚きです!!!

ノイズ軽減処理前と後の比較(◆PCのみクリックすると拡大します)
ノイズ軽減処理前と後の比較(◆PCのみクリックすると拡大します)

ということで、アドビライトルームの凄さを実証することが出来ました!(笑)

 

ただし注意するコトがあります!

それは、ISO感度を上げて撮影し、撮影後にノイズ軽減処理を行えばノイズは軽減することが出来ますが、

 

写真の色が浅くなる(少しグレーがかる)ので、

無理にISO感度を上げての撮影はオススメしません!!!

 

○どうしてもブレたくない!

○もっと明るく撮りたいが、ブレたくない!

 

等の時にISO感度を上げて撮影し、撮影後にノイズ軽減を行いましょう☆

 

本日もご購読誠にありがとうございます☆

 


写真コラム3

元気に毎日更新しております。

 

みなさんこんにちは。MPMのたけだです。

本日も雨降りですね♪

梅雨到来!という事でみなさまはいかがお過ごしでしょうか??

MPMは本日もスタジオでマタニティフォトの撮影をしておりました☆

 

さてさて、本日は写真教室【雨の日に魅力的な写真を撮るには?】です。

それでは、下の二枚の写真を見てください!

オートホワイトバランス
オートホワイトバランス
ホワイトバランスを変更して雨の日らしさを演出
ホワイトバランスを変更して雨の日らしさを演出

上の写真よりも下の写真の方が、雨の日らしい写真に見えますね。

二つの写真いったい何が違うかというと、ホワイトバランスの設定が

 

上の写真は:オート

下の写真は:蛍光灯

 

なのです。ちょっとした事ですが、ホワイトバランスを変えるだけでこんなにも写真から伝わってくるイメージが変わるって不思議ですよね!

ですから、普段ホワイトバランスを【オート】撮られている方は、たまには設定を変えて、その日らしい雰囲気の写真を撮ってみてはいかがでしょうか?

 

本日もご購読誠にありがとうございます。


写真コラム2

元気に毎日更新しております。

 

みなさまこんにちは。MPMのたけだです。

本日は36℃にもなりすごく暑い一日でしたが、みなさまはいかがお過ごしだったでしょうか??

 

MPMは本日、来週末の写真教室の資料作りに励んでおりました!

さてさて、本日は写真教室【空の色が出ない場合どうしたらいいのか??】

についてです!

 

先日、定休日にぼくは歴史散策という事で、京都は東山にある清水寺に行ってきました。

定番では有りますが、清水の舞台を一枚撮ろうと思いパシャリ。

その時撮れた写真が下写真↓↓↓

空の青色が出ない…
空の青色が出ない…

うーん、何だか絵になりませんね。

何かが物足りないような、写りがイマイチのような…

とどこが良くなかったのだろうと考えてみると

 

○空の色が白けていて絵になっていない!

 

ことがわかりました。

こんな時、どうしたら空の色が青く、そして清水の舞台を綺麗に写す事が出来るのか??

それは…

 

二つ方法が有ります!

 

まずひとつ目、

清水の舞台の奥の空は西の空、

西の空に太陽が順光になる時間帯に撮影する!

つまり、午前中に撮影することが空の色も清水の舞台も綺麗に写す鉄則です!

 

二つ目は

撮影画像をRAW画像に設定して、撮影し、

そのRAW画像から、

アンダー、適、オーバー露出の三枚を作成し、

HDR(ハイダイナミックレンジ)合成することです!

 

※HDRとは??詳細はコチラ(出典:wikipedia)

 

※HDR合成ソフトについてはコチラヘ

before:空の青色が出ない…
before:空の青色が出ない…
after:HDR合成で空の色が出ました!
after:HDR合成で空の色が出ました!

こうすることによって、空の青色を出す事が出来ます、

ただし、HDR合成はやはり合成ですので、自然な感じがなくなります。

ですので、時間を考えて、被写体の奥の空に順光が当たる時間帯に撮影する事をお勧めします☆


写真コラム1

元気に毎日更新しております☆ みなさんこんにちは。

 

MPMのたけだです。 本日も素晴らしい天気になりましたが、みなさまはいかがお過ごしだったでしょうか??

MPMではホームページ用の写真撮影をしておりました☆

 

さてさて本日は写真教室【誰でも簡単に出来るワンランク上の料理写真】です。

 

本日、ホームページ用の写真撮影を終えた後、京都は左京区にある美味しいおそば屋さん【ぎおもん】さんに行った時のことです。

今日は日中暑い一日でしたので、ざるそばを注文!

そこで撮った一枚が下写真

手を加える前
手を加える前

前回のブログ通り

①まず、いい光を探す

②その光の場所に料理を移動する

③そして撮影する

の手順を守り撮影しました。

まあまあいい感じに撮れているのですが、何かが物足りない…

こんな時、さらにワンランク上の写真を撮る方法があります!

 

それは!?

 

手持ちの小物(例えば、小銭入れや携帯)を使うことです!

ちなみにぼくは今回、小銭入れを使いました。

今回使用した小銭入れ
今回使用した小銭入れ

この小銭入れを天ぷらのお皿の下に敷きます。下写真参照

こんな感じに敷いております。
こんな感じに敷いております。

すると、最初の写真と比べると、天ぷらがよく見えるようになり、

完成度高い写真が撮れました☆

 

と、簡単なことですがとても大切なことです☆

みなさまも是非お試し下さいね☆

 

それでは、また次のメールマガジンにてお会いしましょう☆

小物 使用前
小物 使用前
小物 使用後
小物 使用後

《規約》

本ホームページの文章、映像、画像等の著作権はMPM(エムピーエム)に帰属しております。

ホームページ内の文章、映像、画像等の全編、一部抜粋に関わらず、複製、頒布、販売、また動画、音声投稿ウェブサイトなどインターネットへのアップロード、配信が出来る状態にすること、ファイル共有ソフトなどを利用した違法なダウンロード行為は、すべて著作権法により固く禁じられております。

違法で複製、頒布、販売、また動画音声投稿ウェブサイトなどインターネットへのアップロード、配信が出来る状態にすること、ファイル共有ソフトなどを利用した違法なダウンロード行為をした場合

、理由の如何を問わず著作権法第119条一項に基づき、10年以下の懲役、1000万円以下の罰金の平価、またはいずれかが罰せられる刑事罰および損害賠償として民事責任に問われます。

 

制作著作:MPM(エムピーエム)